沖縄Weekly&Resort
no
スポンサードリンク

D.Hさんの体験談

サラリーマン生活をしていると、突然の出張は日常茶飯事です。それも、数ケ月の期間に及ぶ場合も珍しくありません。

私は、約3年前に3ケ月の沖縄出張を命ぜられたことがあります。数日程度の出張ならば、間違いなくホテル暮らしとなりますが、3ケ月ともなると、出張経費がかさむため、マンスリーマンション暮らしとなります。

長期のホテル暮らしで最も不自由な思いをするのが、食事と洗濯です。食事は、会社の近くや通勤途中でできますが、外食ばかりしていると不経済だし、手軽な食事をすることができません。また、ホテルでは下着の洗濯がしづらいものです。

長期出張の場合は、会社の経費の節約だけではなく、自分のふところ、食事や洗濯の便などから、マンスリーマンション暮らしの方がいいでしょう。
恩納村のコンドミニアム

マンスリーマンションには、ベッド、寝具に、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどの必要最低限の家電製品と調理器具が準備されています。

ですから、普段の生活に困ることはなく、結構快適に暮らすことができます。でも、やはり必要最低限の設備しかないとも言えます。最も困ったのは、やはり炊事です。調理台が狭く、小さなまな板を置いただけで調理台に余裕が全くありません。

それに、ガスコンロも一つしかなく、加熱調理が必要な料理は一品しか作ることができません。特に私がマンスリーマンション暮らしをしたのは、冬だったこともありメニューに困りました。卓上コンロを買い、加熱調理器具を二つにして、何とか乗り切りました。

そのときに買った卓上コンロは今でも自宅で活躍しており、無駄遣いをしたことにはなりませんでした。

スポンサードリンク